Topics

  • EVENTS
    『小説の神様』はどうやって生まれたのか――。相沢沙呼によるトークショー開催決定!
    12月21日(水)ジュンク堂書店池袋本店さんにて。応募方法などは、下記のリンクをチェック!
    http://honto.jp/store/news/detail_041000020361.html?shgcd=HB300
  • 2016.12.06 12月刊タイトル2点の帯などを公開いたしました!
  • 2016.11.18 12月刊タイトル2点のあらすじなどの詳細情報と、2017年1月刊の書籍タイトルを公開いたしました!
  • 2016.11.08 11月刊タイトル3点の帯などを公開いたしました!
  • 2016.10.20 11月刊タイトル3点のあらすじなどの詳細情報と、12月刊の書籍タイトルを公開いたしました!
  • 2016.09.23 10月刊タイトル4点のあらすじなどの詳細情報と、11月刊の書籍タイトルを公開いたしました!
  • 2016.09.12 9月刊タイトル3点の帯などを公開いたしました!
  • 2016.08.24 9月刊タイトル3点のあらすじなどの詳細情報と、10月刊の書籍タイトルを公開いたしました!
  • 2016.08.15 8月刊行の立ち読みを公開しました!
  • 2016.08.03 8月刊タイトル3点の書影や帯などを公開いたしました!
  • 2016.07.21 8月刊タイトル3点のあらすじなどの詳細情報と、9月刊の書籍タイトルを公開いたしました!
  • 2016.07.05 7月刊タイトル4点の帯などを公開いたしました!
  • 2016.06.22 7月刊のカバー、あらすじなどの詳細情報と、8月刊の書籍タイトルを公開いたしました!
  • 2016.06.09 講談社タイガ、Wシリーズ第3作『風は青海を渡るのか?』(森博嗣:著、6月22日発売)刊行記念! 既刊2作をセットで100名様にプレゼント。詳細→http://news.kodansha.co.jp/20160609_b03
  • 2016.06.07 2016年6月刊タイトル1点のカバー、2点の帯などを公開いたしました!
  • 2016.05.20 2016年6月刊タイトル2点のカバー、あらすじと7月刊の書籍タイトルを公開いたしました!
  • 2016.04.20 2016年5月刊タイトル3点のカバー、あらすじなどを公開いたしました!
  • 2016.04.05 2016年4月刊タイトル4点の帯などを公開いたしました!
  • 2016.03.25 2016年4月刊行タイトル1点の書影を公開しました!
  • 2016.03.23 2016年5月刊の書籍タイトルなどをUPしました!
  • 2016.03.22 2016年4月刊行タイトル2点の書影を公開しました!
  • 2016.03.18 2016年4月刊行タイトルの情報をUPしました!
  • 2016.02.19 2016年3月刊行の情報、4月刊の書籍タイトルなどをUPしました!
  • 2016.01.20 2016年2月刊行の情報、3月刊の書籍タイトルなどをUPしました!
  • 2015.12.18 2016年1月刊行の情報、2月刊の書籍タイトルなどをUPしました!
  • 2015.12.16 12月刊行の立ち読みを公開しました!
  • 2015.11.20 12月刊行の書影を公開しました!
  • 2015.11.19 11月新刊発売!
    12月刊行の詳細とあらすじを更新しました。
  • 2015.11.16 「これから出る本」を更新しました。
  • 2015.11.02 11月刊行の書影とあらすじを更新しました。
  • 2015.10.20 「これから出る本」を更新しました。
  • 2015.10.20 講談社タイガ創刊!
  • 2015.10.19 講談社タイガ公式サイトオープン!
  • 2015.10.9 創刊記念特別ムービー公開!
    (60秒Ver.)https://youtu.be/9Ky2fsk9Ps8 (森 博嗣Ver.)https://youtu.be/LGoUWe_qykQ
    (西尾維新Ver.)https://youtu.be/8DXV-P3pT7g (野﨑まど&野村美月Ver.)https://youtu.be/eoUAim8OwQc

今月の新刊

2016年11月18日発売!
  • 9784062940467

    路地裏のほたる食堂
    大沼紀子
    イラスト:山中ヒコ
    定価本体750円+税
    発売日:2016年11月18日
    ISBN:978-4-06-294046-7
    あんたの秘密。聞かせてくれたら、金はいらない。
    「真夜中のパン屋さん」で大人気の著者、新シリーズスタート!!
    闇夜にまぎれて神出鬼没に現れる屋台で事件が起こる!
    お腹を空かせた高校生が甘酸っぱい匂いに誘われて暖簾をくぐったのは、屋台の料理店「ほたる食堂」。風の吹くまま気の向くまま、居場所を持たずに営業するこの店では、子供は原則無料。ただし条件がひとつ。それは誰も知らないあなたの秘密を教えること……。彼が語り始めた“秘密”とは? 真っ暗闇にあたたかな明かりをともす路地裏の食堂を舞台に、足りない何かを満たしてくれる優しい物語。
  • 9784062940399

    LOST 失覚探偵 (上)
    周木 律
    イラスト:鈴木康士

    プロフィール

    ゲーム会社のデザイナーを経て、現在は小説装画や、挿絵、ゲームデザイン、漫画など、多岐にわたり活躍するイラストレーター。主な小説装画に「怪盗探偵山猫」シリーズ、「心霊探偵八雲」シリーズ(神永学・著/角川文庫)、『メルカトルかく語りき』(麻耶雄嵩/講談社文庫)など、著作多数。
    定価本体690円+税
    発売日:2016年11月18日
    ISBN:978-4-06-294039-9
    感覚は失われる。推理と引き替えに。
    『眼球堂の殺人』『不死症』の著者が描く、名探偵の宿命!
    獄中の焼死。衆人環視の餓死。究極の失われる物語。
    破格の推理力を持ち、その名を轟かせた美貌の名探偵・六元十五(ろくもとじゅうご)。だが、戦火の気配漂う中、突如として探偵は表舞台から姿を消した。あれから七年――。助手として、数多の難事件をともに解決に導いた三田村は、荒廃した東京で六元に再会した。探偵は、告白する。推理に集中すると、感覚を失う「失覚の病」に冒されていることを。だが、不可解な連続殺人が発生し、再び二人を事件に呼び戻す!
  • 9784062940504

    シャーロック・ホームズの十字架
    似鳥 鶏
    イラスト:丹地陽子

    プロフィール

    イラストレーター、装画家。
    『その可能性はすでに考えた』(井上真偽/講談社ノベルス)『黒猫の遊歩あるいは美学講義』シリーズ(森晶麿/ハヤカワ文庫JA)『あの花火は消えない』(森島いずみ/偕成社)『イスタンブルで猫さがし』(新藤悦子/ポプラ社)『かぐや姫のおとうと』(広瀬寿子/国土社)など多くの単行本、児童書の装画を手掛ける。
    定価本体750円+税
    発売日:2016年11月18日
    ISBN:978-4-06-294050-4
    この犯人は、神の目を欺く。
    これぞ本格! 稀代のトリックメーカーが描く至高のミステリ!!
    名探偵の遺伝子を守るため、兄妹は不可能犯罪に挑む!
    世界経済の鍵を握るホームズ遺伝子群。在野に潜む遺伝子保有者を選別・拉致するため、不可能犯罪を創作する国際組織――「機関(シンクタンク)」。 保有者である妹・七海(ななみ)と、天野直人(あまのなおと)は彼らが仕掛けた謎と対峙する! 強酸性の湖に立てられた十字架の謎。密室灯台の中で転落死した男。五百メートルの距離を一瞬でゼロにしたのは、犯人か被害者か……。 本格ミステリの旗手が挑む、クイーン問題&驚天動地のトリック!

先月の新刊

好評発売中
  • 9784062940306

    アンデッドガール・マーダーファルス 2
    青崎有吾
    イラスト:大暮維人

    プロフィール

    美麗かつ、圧倒的な画力で人気を集める漫画家。第30回講談社漫画賞(少年部門)を受賞した「エア・ギア」(マガジンKC)や、同作品の完全版『エア・ギア UNLIMITED』(KCデラックス 週刊少年マガジン)、『天上天下』『バイオーグ・トリニティ』(ヤングジャンプコミックス)、など著作多数。
    定価本体750円+税
    発売日:2016年10月20日
    ISBN:978-4-06-294030-6
    ルパンVSホームズVS異形の怪人VS怪物専門の探偵!
    魔都ロンドンでオールスターキャストのダイヤ争奪戦!
    1899年、ロンドンは大ニュースに沸いていた。怪盗アルセーヌ・ルパンが、フォッグ邸の宝石を狙うという予告状を出したのだ。警備を依頼されたのは怪物専門の探偵“鳥籠使い”一行と、世界一の探偵シャーロック・ホームズ! さらにはロイズ保険機構のエージェントに、鴉夜たちが追う“教授”一派も動きだし……? 探偵・怪盗・怪物だらけの宝石争奪戦を制し、最後に笑うのは!?
  • 9784062940184

    君と時計と雛の噓 第四幕
    綾崎 隼
    イラスト:pomodorosa

    プロフィール

    イラストレーター、作曲家。 『幽霊なんて怖くない BISビブリオバトル部』(山本弘/東京創元社)『みずうみの歌』(ほしおさなえ/講談社)など。 個人画集『pomodorosa作品集 Music,Fashion and Girl』(一迅社)がある。装画の他、CM音楽の製作も手掛ける。
    定価本体750円+税
    発売日:2016年10月20日
    ISBN:978-4-06-294018-4
    あなたを守るために、
    私は噓をつく。
    大反響シリーズ
    ついに完結!
    織原芹愛の死を回避できなければ、杵城綜士は過去へと飛ばされる。その度に「親友や家族が世界から消失する」という大き過ぎる代償をともなって――。無慈悲に繰り返される時間遡行を断ち切るために、綜士と芹愛は『希望と言い切るには残酷に過ぎる、一つの選択肢』の前で苦悩する。鈴鹿雛美がつき続けた噓と、隠された過去とは……。衝撃のラストが待ち受ける完結篇!
  • 9784062940498

    パノラマ島美談
    西尾維新
    イラスト:キナコ

    プロフィール

    イラストレーター、キャラクターデザイナー。「ガッチャマンクラウズインサイト」(キャラクターデザイン)、「鏡界の白雪」(キャラクターデザイン、イラスト)、「刀剣乱舞」(『岩融』キャラクターデザイン)などを手掛ける。
    http://marubotan.jimdo.com/
    定価本体630円+税
    発売日:2016年10月20日
    ISBN:978-4-06-294049-8
    俺達の旅には謎が必需品。
    美少年探偵団冬期合宿――五つの館に隠された五つの芸術を発見せよ!
    あの<白髪の名探偵>が登場!? スペシャルショートストーリー収録!
    美少年探偵団、五泊六日の冬期合宿。行き先は、指輪学園を追放された元教師にして芸術家・永久井(とわい)こわ子が隠れ暮らす無人島――野良間(のらま)島だ。島にはこわ子がみずから製作した、鳥の名を冠した五つの館(やかた)があり、それぞれに『見えない絵』が展示されているというのだ。滞在中にすべての絵を鑑賞するため、探偵団は個別行動を余儀なくされる。世にも美しい「館」を描いたシリーズ第五作!
  • 9784062940375

    デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping?
    森 博嗣
    イラスト:引地 渉

    プロフィール

    イラストレーター。古紙類を使用した独自のコラージュで2004年HBファイルコンペ大賞(鈴木成一賞)受賞。書籍装画代表作として『闇の喇叭』(有栖川有栖/講談社)『ブラック・ベルベット』(恩田陸/双葉社)『ヰタ・セクスアリス』(森鴎外/新潮社)『ごめん』(原田マハ/講談社)『ティンカーズ』(ポール・ハーディング/白水社)などがある。
    定価本体690円+税
    発売日:2016年10月20日
    ISBN:978-4-06-294037-5
    彼女は、なぜ兵器になったのか?
    ナクチュの遺跡、フランスの修道院。相似する二施設。
    ニュークリア襲撃。だがそれは彼女の意思ではなかった。
    祈りの場。フランス西海岸にある古い修道院で生殖可能な一族とスーパ・コンピュータが発見された。施設構造は、ナクチュのものと相似。ヴォッシュ博士は調査に参加し、ハギリを呼び寄せる。一方、ナクチュの頭脳が再起動。失われていたネットワークの再構築が開始され、新たにトランスファの存在が明らかになる。拡大と縮小が織りなす無限。知性が挑発する閃きの物語。

来月の新刊

2016年12月21日発売予定
  • 9784062940542

    異端審問ラボ 魔女の事件簿3
    高里椎奈
    イラスト:スオウ

    プロフィール

    『煉獄ふたり 優しい幽霊はコンビニにいる』(講談社BOX)など、数多くの装画を担当。画集に『スオウ画集 La Lumiere』(KADOKAWA)がある。
    定価本体660円+税
    発売日:2016年12月21日
    ISBN:978-4-06-294054-2
    この世界の魔女は誰だ?
    失われた過去を解き明かす時、三人に危険が忍び寄る。
    「うちの執事が言うことには」「薬屋探偵」シリーズ著者の新シリーズ第3弾!
    千鳥(チドリ)と鶫(ツグミ)、鳶(トビ)の変わり者研究者たち三人が、この世界の禁忌『封じられた過去』へ近づくほどに、周囲で発生する不穏な事件。〈遺跡を暴くと呪われる〉という言葉をなぞるように、考古学研究所の発掘作業中に一人の人物が忽然と姿を消し、さらに鳶には密売容疑がかけられる。友人の嫌疑を晴らすため、千鳥たちは危険な捜査に乗り出すが……。世界の真実が暴かれるシリーズ第三弾!
  • 9784062940535

    鬼の蔵 よろず建物因縁帳
    内藤 了
    定価本体630円+税
    発売日:2016年12月21日
    ISBN:978-4-06-294053-5
    盆に隠れ鬼をしてはいけない。オクラサマがやってくる。
    「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」の著者が描く、哀しい怪異譚。
    「鬼」の血文字が秘めた一族の血塗られた過去とは――?
     山深い寒村の旧家・蒼具(あおぐ)家では、「盆に隠れ鬼をしてはいけない」と言い伝えられている。広告代理店勤務の高沢春菜(たかざわはな)は、移築工事の下見で訪れた蒼具家の蔵で、人間の血液で「鬼」と大書された土戸を見つける。調査の過程で明らかになる、一族で頻発する不審死。春菜にも災厄が迫る中、因縁物件専門の曳家(ひきや)を生業とする仙龍が、「鬼の蔵」の哀しい祟り神の正体をあきらかにする。

これから出る本

  • ゴーストケース心霊科学捜査官
    柴田勝家
  • LOST失覚探偵 (中)
    周木律
  • 臨床真実士ユイカの論理ABX殺人事件
    古野まほろ

PAGE TOP