著者紹介

凪良ゆう

  • LINEで送る

プロフィール

1月25日生まれ A型
近著に『闇を呼ぶ声』(プランタン出版)『憎らしい彼』(徳間書店)『薔薇色じゃない』(幻冬舎)など。

著作一覧

  • 9784062940672

    神さまのビオトープ 
    凪良ゆう
    イラスト:東久世

    プロフィール

    東京都出身。テキスタイル図案を作成するデザイナー兼イラストレーター。『あの頃トン子と』(講談社)『通いネコアルフィーのはつ恋』(ハーパーBOOKS)など多くの文芸作品の装画を手がける。
    定価本体720円+税
    発売日:2017年4月21日
    ISBN:978-4-06-294067-2
    愛していいんだ、心に正解はないから。
    夫の幽霊と暮らすうる波を取り巻く、秘密を抱えた彼ら。
    世界が決めた「正しさ」から置き去りにされた人々へ、救済の物語。
    うる波は、事故死した夫「鹿野くん」の幽霊と一緒に暮らしている。彼の存在は秘密にしていたが、大学の後輩で恋人どうしの佐々と千花に知られてしまう。うる波が事実を打ち明けて程なく佐々は不審な死を遂げる。遺された千花が秘匿するある事情とは? 機械の親友を持つ少年、小さな子どもを一途に愛する青年など、密やかな愛情がこぼれ落ちる瞬間をとらえた四編の救済の物語。

PAGE TOP