著者紹介

文芸第三/講談社文庫編

  • LINEで送る

プロフィール

文芸第三出版部・講談社文庫出版部にて編まれたアンソロジー。

著作一覧

  • 9784065228234

    非日常の謎
    文芸第三/講談社文庫編
    イラスト:南波タケ

    プロフィール

    優しいイラストとウィットに富んだタイトルの作品を発表し続けるイラストレーター
    定価本体660円+税
    発売日:2021年3月12日
    ISBN:978-4-06-522823-4
    物語が、この「非日常」を乗り越える力となることを信じて――。
    今、新型コロナウィルスにより「日常」が脅かされています。 ですが、そんな非日常の中でも、大切な日常は続いていきます。 いえ、日常を守り続けていくことこそが、私たちの戦いでしょう。
     そこで「日常の謎」ではなく、日々の生活の狭間、刹那の非日 常で生まれる謎をテーマにアンソロジーを編むことにしました。 物語が、この「非日常」を乗り越える力となることを信じて――。
    (収録作家:芦沢 央/阿津川辰海/木元哉多/城平 京/辻堂ゆめ/凪良ゆう)
  • 9784062940948

    謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー
    文芸第三/講談社文庫編
    イラスト:植田たてり
    定価本体810円+税
    発売日:2017年10月20日
    ISBN:978-4-06-294094-8
    著者:はやみねかおる・恩田陸・高田崇史・綾崎隼・白井智之・井上真偽
    あなたは、出られるか。
    最先端を行く作家たちが紡ぎ出す6つの謎(ものがたり)
    「館」の謎は終わらない――。館に魅せられた作家たちが書き下ろす、色とりどりのミステリの未来!
    収録作品:
    はやみねかおる『思い出の館のショウシツ』
    恩田陸『麦の海に浮かぶ檻』
    高田崇史『QED ~ortus~ ―鬼神の社―』
    綾崎隼『時の館のエトワール』
    白井智之『首無館の殺人』
    井上真偽『囚人館の惨劇』
  • 9784062940887

    謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー
    文芸第三/講談社文庫編
    イラスト:植田たてり
    定価本体810円+税
    発売日:2017年9月22日
    ISBN:978-4-06-294088-7
    著者:東川篤哉・一肇・古野まほろ・青崎有吾・周木 律・澤村伊智
    入れば、もう引き返せない。
    今をときめく作家たちが贈る6つの謎(ものがたり)。
    テーマは「館」、ただひとつ。今をときめくミステリ作家たちが提示する「新本格の精神」がここにある。
    収録作品:
    東川篤哉『陽奇館(仮)の殺人』
    一肇『銀とクスノキ ~青髭館殺人事件~』
    古野まほろ『文化会館の殺人 ――Dのディスパリシオン』
    青崎有吾『噤ヶ森の硝子屋敷』
    周木 律『煙突館の実験的殺人』
    澤村伊智『わたしのミステリーパレス』

PAGE TOP