著者紹介

野﨑まど

  • LINEで送る

プロフィール

2009年『[映]アムリタ』で、「メディアワークス文庫賞」の最初の受賞者となりデビュー。2013年に刊行された『know』(ハヤカワ文庫JA)は第34回日本SF大賞や、大学読書人大賞にノミネートされた。その他の作品に『2』(メディアワークス文庫)、『野﨑まど劇場』(電撃文庫)などがある。

バビロンシリーズ

  • 9784062940313

    バビロン Ⅱ ―死―
    野﨑まど
    イラスト:ざいん

    プロフィール

    『戦国スナイパー』(著:柳内たくみ/講談社文庫)、『iKILL』(著:渡辺浩弐/星海社FICTIONS)、『されど罪人は竜と踊る』シリーズの一部(著:浅井ラボ/ガガガ文庫)などのイラストを手がける。
    定価本体720円+税
    発売日:2016年7月21日
    ISBN:978-4-06-294031-3
    自殺は、合法か――?
    この結末、絶対予測不可能! 戦慄のサスペンス第二章。
    混迷を極める“新域”選挙のなか、検事・正崎が「自殺法」に挑む!
    64人の同時飛び降り自殺――が、超都市圏構想“新域”の長・齋開化(いつき・かいか)による、自死の権利を認める「自殺法」宣言直後に発生! 暴走する齋の行方を追い、東京地検特捜部検事・正崎善(せいざき・ぜん)を筆頭に、法務省・検察庁・警視庁をまたいだ、機密捜査班が組織される。 人々に拡散し始める死への誘惑。鍵を握る“最悪の女”曲世愛(まがせ・あい)がもたらす、さらなる絶望。自殺は罪か、それとも赦しなのか――。
  • 9784062940023

    バビロン Ⅰ ー女ー
    野﨑まど
    イラスト:ざいん

    プロフィール

    『戦国スナイパー』(著:柳内たくみ/講談社文庫)、『iKILL』(著:渡辺浩弐/星海社FICTIONS)、『されど罪人は竜と踊る』シリーズの一部(著:浅井ラボ/ガガガ文庫)などのイラストを手がける。
    定価本体690円+税
    発売日:2015年10月20日
    ISBN:978-4-06-294002-3
    最悪が動き出す。
    瞠目せよ。これが鬼才・野﨑まどが描く絶望の物語。
    東京地検特捜部検事・正崎善(せいざき・ぜん)は、製薬会社と大学が関与した臨床研究不正事件を追っていた。その捜査の中で正崎は、麻酔科医・因幡信(いなば・しん)が記した一枚の書面を発見する。そこに残されていたのは、毛や皮膚混じりの異様な血痕と、紙を埋め尽くした無数の文字、アルファベットの「F」だった。正崎は事件の謎を追ううちに、大型選挙の裏に潜む陰謀と、それを操る人物の存在に気がつき!?

PAGE TOP