著者紹介

皆藤黒助

  • LINEで送る

プロフィール

1987年生まれ。鳥取県境港市出身。2012年に『飛火夏虫-HIKAGEMUSHI-』(スーパーダッシュ文庫)でデビュー。エブリスタ主催の電子書籍大賞2013にて毎日新聞社賞、スマホ小説大賞2014にて角川文庫賞と讀賣テレビ放送賞をダブル受賞。 『ようするに、怪異ではない。』(角川文庫)からはじまる「よう怪」シリーズで人気を集める。

著作一覧

  • 9784062940733

    やはり雨は嘘をつかない こうもり先輩と雨女
    皆藤黒助
    イラスト:あきま

    プロフィール

    東京生まれ、静岡育ち。都市風景を主としたイラストのほか、メカ・航空機・室内風景などを得意とし、独特の構図と明暗を駆使した世界観のあるイラストに評価が高まっている。
    定価本体690円+税
    発売日:2017年6月22日
    ISBN:978-4-06-294073-3
    伝えられない想いを、雨にたくして。
    明日の空が綺麗に見える――心あたたまる青春ミステリ
    雨が嫌いな雨女が出会ったのは、雨の日にだけ現れる先輩だった。
    私の誕生日の前日、おじいちゃんは危篤に陥った。肌身離さず持っていた写真は、私の生まれた日に撮影された心霊写真めいたものだった。しかも「五色の雨の降る朝に」という謎の書き込みが。かわいがられた記憶はないけれど、写真に込められたおじいちゃんの想いを知りたくて、雨の日にしか登校していない雨月先輩に相談を持ちかける。これは私が雨を好きになるまでの物語。

PAGE TOP