著者紹介

紅玉いづき

  • LINEで送る

プロフィール

石川県出身。金沢大学文学部卒業。『ミミズクと夜の王』で第13回電撃小説大賞・大賞を受賞しデビュー。ライトノベルに収まらず、児童書、一般文芸でも精力的に作品を発表。繊細な人物造形、巧みなストーリーテリングで、活躍が期待されている。著作に『ガーデン・ロスト』(メディアワークス文庫)、「サエズリ図書館のワルツさん」シリーズ、(星海社FICTIONS)、「ようこそ、古城ホテルへ」シリーズ(角川つばさ文庫)、などがある。

大正箱娘シリーズ

  • 9784062940634

    大正箱娘 怪人カシオペイヤ
    紅玉いづき
    イラスト:シライシユウコ

    プロフィール

    色鮮やかな画風で、数多くの小説装画を手がけているイラストレーター。近作に『ヴィヴィアンの読書会』(七尾与史・著)、『エピローグ』(円城塔・著)、『幻想即興曲 響季姉妹探偵 ショパン篇』(西澤保彦・著』、『know』(野﨑まど・著)などがある。 公式HP:http://uli.hanabie.com/ Twitter: https://twitter.com/ui_uli
    定価本体660円+税
    発売日:2017年3月23日
    ISBN:978-4-06-294063-4
    帝都の「秘密」を狙う怪人の正体は!?
    紅玉いづきが物語の箱に閉じ込めた、絶望と希望。
    新米記者が追う、万病に効く「箱薬」に隠された謎とは……。
    時は大正。巷に流行る新薬あり。万病に効くとされるその薬の名は――「箱薬」。新米新聞記者の英田紺は、箱娘と呼ばれる少女・うららと調査に乗り出す。一方、病に冒された伯爵の館には怪人・カシオペイヤから予告状が届く! 館では陰惨な殺人事件も発生し、現場に居合わせた紺は、禁秘の箱を開き「秘密」を暴く怪人の正体を知ることに。怪人が狙う帝京に隠された謎とは!?
  • 9784062940221

    大正箱娘 見習い記者と謎解き姫
    紅玉いづき
    イラスト:シライシユウコ

    プロフィール

    色鮮やかな画風で、数多くの小説装画を手がけているイラストレーター。近作に『ヴィヴィアンの読書会』(七尾与史・著)、『エピローグ』(円城塔・著)、『幻想即興曲 響季姉妹探偵 ショパン篇』(西澤保彦・著』、『know』(野﨑まど・著)などがある。 公式HP:http://uli.hanabie.com/ Twitter: https://twitter.com/ui_uli
    定価本体690円+税
    発売日:2016年3月18日
    ISBN:978-4-06-294022-1
    箱には謎と祕密と、それから女が入つてゐる。
    『ミミズクと夜の王』の著者が放つ大正ロマンミステリー!
    人と夢幻が共存した最後の時代。一人の少女が謎の詰まった箱を開く。
    新米新聞記者の英田紺のもとに届いた一通の手紙。それは旧家の蔵で見つかった呪いの箱を始末してほしい、という依頼だった。 呪いの解明のため紺が訪れた、神楽坂にある箱屋敷と呼ばれる館で、うららという名の美しくも不思議な少女は、そっと囁いた――。
    「うちに開けぬ箱もありませんし、閉じれぬ箱も、ありませぬ」
    謎と秘密と、語れぬ大切な思いが詰まった箱は、今、開かれる。

PAGE TOP